ブログ

ブログの失敗しない目標の立て方を4ステップで解説

ブログの目標を立てて、早く稼げるようになりたい。でも、どんな目標立てればいいのかな?失敗しない立て方を知りたい。

 

何事でも、成果を出すには目標設定が欠かせません。ただし、その設定方法を間違えると、挫折や失敗の原因にもなります。

 

そこで本記事では、次のことをお伝えします。

  • まずブログの運営目的を考えよう
  • ブログの失敗しない目標の立て方4ステップ
  • 当ブログは目標の立て方で失敗してきた話

 

たけし
というぼくは現在ブログ歴3年半でして、SNS(インスタ、Twitter)からの集客で3ヶ月連続で月100万円以上を稼げています。

 

ぼく自身も目標の立て方に迷い、たくさん失敗してきました。

 

そのなかで、今回紹介する方法で目標設定したところ、スルスルと目標が叶っていきました。

 

それほどむずかしい目標の立て方ではないので、ぜひ本記事を読んで参考にしてみてください。

 

 

ちなみにブログ開設がまだの方は、こちらから10分でできます。今ならお得に開設できるキャンペーン中で、こちらから10分で開設できるのでまだの方はこの機会にどうぞ。

>>>たった10分!WordPressブログの始め方【初心者向けにわかりやすく解説】

たった10分!WordPressブログの始め方【図解でわかりやすく解説】

続きを見る

 

\当サイトおすすめのWordPressテーマ「AFFINGER」/

 

 

まずはブログの運営目的を決めよう

具体的な目標を決める前に「なぜブログを書くのか」という運営目的を決めましょう。

 

もしかすると「お金を稼ぐためでしょ」と考えるかもですが、ここでは自分ではなく「社会や人にどんな影響を与えたいか」で考えます。

 

コンセプトとも言えるかもしれません。

 

なぜそのような運営目的を立てるかというと「ブログ=ビジネス」だからです。つまり誰かに価値貢献して、はじめてお金を稼げます。

 

なので社会的、他者貢献的な目標設定を立ていましょう。

 

たとえば当ブログの運営目的は、次のとおり。

  • ブログ初心者にブログで月5万円以上稼いでもらう
  • より自由に自分の意思で人生を歩める人を増やす(イヤな会社から抜け出すなど)

 

上記の運営目的にしたのは「ぼく自身がイヤでもやめられない会社に追い込まれたけど、ブログでフリーランスになれた」という原体験からです。

 

運営目的があると、売上以外でのモチベーションアップにもつながります。

 

まずは「何のためにブログをするのか」を考えてみてください。

 

ブログの失敗しない目標の立て方4ステップ

ブログで失敗しない目標の立て方は次の4ステップ。

  1. 方向性として数値目標を立てる
  2. 広告から逆算する
  3. 行動目標に落とし込む

 

前提として「ブログでお金を稼ぎたい」方向けに目標の立て方を解説しますね。

 

①方向性として数値目標を立てる

まずは方向性として、売り上げの数値目標を立てましょう。立てるときのポイントは次の3つ。

  1. 数字で決める
  2. 期限を決める
  3. 達成できそうな目標にする

 

つまりたとえば「半年後にブログで月収20万円を達成する」や「1年後に月50万円稼ぐ」という目標ですね。

 

達成不可能に感じるほど高い目標は、逆にモチベーションを下げるのでおすすめしません。(たとえば1年で月収1000万円など)

 

達成可能な目標を立てるときは「前例」があるかどうかで判断しましょう。半年で月100万円を稼げている人がいるなら、その目標は実現可能性があります。

 

Twitterでブロガーを検索すると、稼いだ金額とかかった期間を発信している人がいるので、参考にしてみてください。

 

理想のライフスタイルから考える

 

「達成可能性のある具体的な数字がどうしても浮かびません」という方は、理想のライフスタイルから逆算するのもおすすめ。

 

たとえば会社を辞めてフリーランスになりたいなら、月20万円くらいが妥当かなと。「田舎の自然のなかでブログを書いて生きたい」なら月10万円でも足りるかもしれません。

 

逆に海外でノマド生活をしながらなら、旅費などを考えて月50万円以上いるかもしれません。

 

どんなライフスタイルを送りたいか、から考えるとモチベーションアップにもなりますよ。

 

目標はいつでも変えていい

 

ちなみに目標はいつ変えてもOKです。というかきっと変わります。

 

いきなり立てた目標で突っ走れる人はほとんどいません。

 

「どうせ変わるから、仮ぎめでいいや」くらいの柔軟性が大事です。

 

目標のメリットは、緊張感を生んで実現可能性を上げることです。が、デメリットは、その目標に縛られること。

 

あたり前ですが、ブログだけが人生ではありません。「目標はいつ変えてもいい」くらいの柔軟性と気楽さを持っておくのがおすすめですよ。

 

②ラップ目標を決めておく

 

ひとつ大きな数値目標ができたら、ラップ目標を立てておきましょう。たとえば「1年後に月50万円を稼ぐ」が目標なら、

  1. 1ヶ月後に月1万円稼ぐ
  2. 3ヶ月後に月5万円稼ぐ
  3. 半年後に月10万円稼ぐ
  4. 9ヶ月後に月20万円稼ぐ
  5. 1年後に月50万円稼ぐ

 

上記のイメージです。ラップ感はあなたの感覚でいいので、サクッと立てましょう。

 

ちなみに「目標はいつ変えてもいいし変わるもの」という前提はお忘れなく。気楽でOKです。

 

③広告から逆算する

数値目標が決まったら、その金額を稼ぐために「いくらの単価の広告を何件発生させる必要があるか」を考えます。

 

なぜならブログの収益源はアフィリエイト広告なので。どれくらい広告が発生するかで、売上が変わります。

 

なので大切なのは、先にブログで紹介する広告を決めること。それも1件5000円以上の広告がおすすめです。

 

たとえば1件1万円の広告で、目標を逆算すると次のようになります。

  • 目標1万円=1万円×1件
  • 目標3万円=1万円×3件
  • 目標5万円=1万円×5件
  • 目標10万円=1万円×10件
  • 目標20万円=1万円×20件
  • 目標50万円=1万円×50件
  • 目標100万円=1万円×100件

 

言ってしまえばブログは、広告の発生件数を増やしていくゲームです。

 

したがって「広告の発生件数を増やすために何をするのか」という行動目標を決めるのが、ブログで失敗しないための目標の立て方になるのです。

 

ちなみに高単価広告の探し方は次のとおり。参考にして広告を探してみてください。

  • 同ジャンルの他のブロガーが紹介している広告
  • 検索上位記事で紹介されている広告
  • 今自分が使っている商品・サービスの広告をASPで検索してみる
  • ASPサイトで自分のジャンルに関係する広告を眺める

 

③行動目標に落としこむ

 

目標を広告から逆算したら、あと「今から何をするか」の行動目標を決めていきましょう。

 

たとえば広告単価1件1万円の広告で、月1万円を稼ぐとします。そして広告のクリック率がPVに対して10%、成約率がクリックに対して1%だとすると、

目標月1万円=1件1万円×1000PV×0.1×0.01

 

つまり月1万円を稼ぐには、ブログアクセスを1000PVまであげればいいことになります。広告単価が5,000円なら2000PVですね。(上記のクリック率や広告の成約率は仮定でOK)

 

そのためにどうするか?たとえば、

  • 毎月10本、記事を書きつつTwitterのフォロワーを増やす
  • ブログを毎日更新して、検索からのブログアクセスを増やす

など、たくさんの選択肢がありますよね。

 

上記のように数値目標に対して、今から何をすべきか考えてみてください。

 

もちろん仮ぎめでOKですが、目標から"今"「SNSをどれくらい更新するか」「ブログ記事をどのように書いていくか」の行動目標まで決めていきましょう。

 

上記4ステップが、ブログで失敗しない目標の立て方です。ぜひ参考にしてみてください。

 

当ブログは目標の立て方で失敗してきた話

というぼくは、これまで目標設定で失敗してきました。

 

広告も決めずに「半年後に月5万円稼ぐ」と意気込んで、むやみに毎日更新をしていた感じです。が、結局、何をしたら稼げるかわからず挫折しました。

 

それから紹介する広告を決めて「月に何件発生させるか」からSNSの更新や書く記事を決めたところ稼げるようになりました。

 

ブログ=広告ビジネスなので、広告から売上を逆算するのがおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たけし

ブロガー|仮想通貨・NFT投資|最高月収160万円|大手生保→不安障害で休職→副業ブログ→Webライター月80万→ブログ月110万→コンテンツ販売売上250万|副業としての「ブログ・Webライター・仮想通貨」の稼ぎ方を発信|Twitterフォロワー12,000名|インスタでも発信中|27歳・高知在住

-ブログ

© 2023 TAKESHI BLOG Powered by AFFINGER5