Webライター

Webライターは稼げる?リアルな収入相場と報酬アップの方法10選

収入アップのために副業を探してるけど、Webライターは稼げるの?リアルな収入相場を知りたいな。将来的に月5万、10万、それ以上を稼ぎたいからそのコツも教えてほしい!

こんな疑問にお応えします。

 

結論からお伝えすると、Webライターは稼げます。

 

ただし「正しく行動する」という条件付きで。

 

たけし
という僕は現在Webライター歴1年9ヶ月で、副業時代に月24万円を稼ぎ、独立してから月80万円を稼ぐことができました。

 

僕が稼げるようになったのは、試行錯誤しながら収入アップのための行動をしてきたからです。

 

そこで本記事では次のことをお伝えします。

  • Webライターは稼げる話
  • Webライターの収入相場(副業/フリーランス)
  • Webライターの収入の決まり方
  • Webライターで収入を上げる10の方法
  • 僕がWebライターで月収80万円を稼いだ方法

 

本記事を読めば、Webライターの収入相場と稼ぎ方がわかって、今よりも収入を上げられる可能性が上がりますよ!

 

それでは内容を見ていきましょう〜!

 

ちなみにWebライターで稼ぐには実績作りにWordPressブログが欠かせません。9割以上の案件でWordPressを使うため案件受注に有利になります。まだブログをお持ちでない方はこちらから10分で作れます。

※当サイトからWordPressブログを開設すると必ず500円割引されます。

>>>たった10分!WordPressブログの始め方【初心者向けにわかりやすく解説】

たった10分!WordPressブログの始め方【図解でわかりやすく解説】

続きを見る

 

\当サイトおすすめのWordPressテーマ「AFFINGER」/

 

【結論】Webライターは稼げます

結論、Webライターは稼げます。

 

なぜならWebサイトやブログ、メルマガ、ランディングページなど、Web上のテキストコンテンツはたくさんあるからです。

 

動画が広く普及したとはいえ、あなたがこの記事を読んでいるように、テキストで情報収集する人はたくさんいます。

 

なのでWebライターの活躍の場は広く、稼ぐことができます。

 

ただし、次の条件付きで。

スキルと実績を磨き、収入アップのための行動をすること

 

Webライター個人の行動量に応じて、収入は変わってくるということ。

 

当たり前のことですね。

 

たけし
ただ「Webライターの仕事自体に稼げる可能性があるのか不安」なら、十分稼げる可能性があるのでご安心ください。

 

Webライターの収入相場【副業・フリーランス別】

Webライターがどれくらい稼げるのか、収入相場を見ていきますね。

副業とフリーランスを分けると、収入相場は次です。

フリーランス/副業 収入(月収)
フリーランスWebライター 数千円〜100万円以上
副業Webライター 数千円〜50万円

 

Webライターの月収の限度は100万円くらいになります。

 

なぜなら、Webライターは「労働集約型」の仕事だからです。

 

1人の人がかけられる労力と時間からして、Webライターだけだと月100万円、副業なら月50万円稼ぐのがMAXに近いですね。

 

たけし
僕の知り合いの優秀なWebライターさんたちも、月100万円くらいを稼いで、他の仕事に挑戦していますね。

 

逆にいえば、Webライターだけで月100万円以上を稼げる可能性があるともとれるでしょう。

 

もちろん、スキル・実績に応じて稼げる額は変わってきますが。

 

ちなみに国内最大手のクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」の調べによると、Webライターの平均年収は300万円ほどのようです。

 

Webライターの収入の決まり方

Webライターの収入の決まり方は、次の計算式で表せられます。

Webライターの収入

文字単価(円)×文字数×記事数(本)=Webライターの収入(円)

 

例えば、月に文字単価2.0円で文字数5,000文字の記事を30本書いたとしたら、Webライターの月収は30万円になりますね。

 

つまりWebライターの収入は「文字単価を上げること」と「仕事量を増やすこと」で上がっていきます。

 

ちなみに文字単価の相場は、次の感じです。

文字単価 相場感
0.1〜0.9円(1.0円未満) 格安(ほぼ稼げない)
1.0〜1.9円 通常(稼げる)
2.0円以上 高い(かなり稼ぎやすい)

なので稼ぐための目標としては、文字単価を2.0円以上にすることになるでしょう。

 

たけし
では、その収入の上げる方法を以降で紹介していきますね。

 

Webライターの仕事内容をもっと詳しく知りたい方は、下記の記事で深掘り解説していますのでご覧ください。

>>>Webライターの仕事内容と流れを10ステップで解説!年収やスキル・ツールなども紹介!

Webライターの仕事内容と流れを10ステップで解説!年収やスキル・ツールなども紹介!

続きを見る

 

Webライターが収入を上げる方法

僕が考えるWebライターの収入アップの方法は、次の10こになります。

  1. Webライティングを磨く
  2. Webライターの仕事の時間を増やす
  3. ブログを書く
  4. Twitter運用をする
  5. 専門ジャンルを作る
  6. 積極的に高単価案件に応募する
  7. 稼げない仕事を断るorしない
  8. 直接契約を取る
  9. Webディレクターになる
  10. 仕事を外注化する

 

それぞれ、解説していきます。

 

その①:Webライティングを磨く

まずは当たり前ですが、スキルを磨きましょう。

Webライターに必要な最たるスキルとは、「Webライティング」です。

 

Webライティングスキルとは、次の2つのライティングスキルのことです。

  1. わかりやすい文章を書くスキル
  2. SEOライティング

 

上記のスキルを磨くには、次の3冊は必読です。(まだ読んでいない方は、早急に読んでください)

 

✔️20歳の自分に受けさせたい文章講義

文章の書き方の型を学べる1冊。

 

本書は、Amazonオーディブル今なら利用料金2ヶ月間無料で、タダでもらえます

詳しいキャンペーンの詳細やもらい方は、下記で深掘り解説しています。

>>【今だけ】2冊の本を”無料”でもらう方法

>>Amazonオーディブルでさっそく本書を無料で受け取る

 

✔️沈黙のWebライティング

SEOライティングに書き方をわかりやすくマンガ調で解説してくれています。

 

✔️10年つかえるSEOの基本

「SEOとは何か」から、SEOに効果のある取り組みをわかりやすく解説してくれています。

 

上記3冊を読めば、単価を上げていくための基礎スキルが身に付きますよ。

 

上記の書籍のもう少し詳しい解説や、その他のオススメ書籍を知りたい方は、下記の記事もあわせてどうぞ。

>>>Webライター初心者におすすめな本厳選8冊【月30万円を目指せる】

Webライター初心者におすすめな本厳選8冊【月30万円を目指せる】

続きを見る

 

その②:Webライターの仕事の時間を増やす

単純ですが、仕事時間を増やすと収入は上がります。

 

でも、今がもう限界なんです。

 

という方は、作業時間を増やす下記のコツをお試しください。

  • 朝に必ず作業する(朝は集中力が高く効率的)
  • 昼休みに音声入力をする
  • スキマ時間にリサーチする
  • 誘惑を遠ざける(テレビのコンセントを抜く・スマホを引き出しにしまうなど)
  • 会社をやめる(究極)

 

特にオススメは朝の作業と音声入力ですね。

 

朝は脳がクリアで集中力が高いので、作業がはかどりますよ。

 

夜ふかしするくらいなら、朝1時間でも早く起きて作業した方が効率的です。

 

その③:ブログを書く

ブログを書くと、収入が上がりやすくなります。

 

その主な理由は、次の3つです。

  • Webライティングが磨けるから
  • Webサイト運営を実践で学べて仕事の幅が広がるから
  • 記事が実績になって文字単価が上がりやすくなるから

 

ブログは、次のようなWebサイト運営のすべてを学べます。

  • Webライティング
  • WordPressの知識・経験
  • キーワード選定
  • 構成作成
  • 記事目的の決定
  • サイト設計の決定
  • サイト運営の目的の決定
  • タイトル付け
  • マネタイズ導線の設計
  • 画像選定

 

そのためWebライターの経験がなくてもブログで大きく稼いでいる方が、いきなり文字単価10円とかの仕事をもらえたりするのはよくあることです。

 

たけし
なのでWebライターで稼ぎたいなら、忙しくてもブログを運営するのがオススメですよ。

まだブログをしていない方は、早急に開設しましょう。

 

ブログの開設は下記の記事から10分でできるので、ぜひご活用ください。

>>>完全初心者向け!WordPressブログの始め方【簡単3STEPで解説】

たった10分!WordPressブログの始め方【図解でわかりやすく解説】

続きを見る

 

その④:Twitter運用をする

Webライターで収入を上げるなら、Twitter運用も必須です。

 

その理由は、Twitterで影響力を持ったら、インフルエンサーや企業から仕事依頼が来る可能性が高いからです。

 

たけし
僕も現在Twitterフォロワーが3,000人ほどいますが、インフルエンサーや企業との仕事依頼をTwitter経由でもらっています。

 

Twitter運用のコツは、次ですね。

  • 名前に「Webライター」を入れる
  • プロフィールにWebライターの実績を書く
  • Webライターの実績をツイートする
  • 過去の自分が知りたいWebライターノウハウをツイートする
  • 他のWebライターさんと交流する(リプやRT、いいねなど)
  • ブログなどの外部コンテンツも充実させる

 

Twitterは今からでも始められるので、すぐ始めましょう!

 

その⑤:専門ジャンルを作る

専門ジャンルを作ると収入があります。

 

なぜなら、クライアントから信頼されて文字単価が上がりやすくなるからです。

 

専門的な知識のあるWebライターは希少なので、クライアントから重宝されるのは間違いありません。

(英語の学習方法を書けるライターはいても、TOIECで800点以上とる方法を書けるライターは少ない)

 

でも自分に専門なんてないし、専門ジャンルってどうやって作ればいいの?

 

そんな方は、次の手順でスムーズに専門ジャンルを作れますよ。

  1. 興味のある仕事を受注する
  2. 専門にしたい分野の本を5冊読む
  3. 本で得た知識を実践する
  4. 知識と経験を活かして仕事を受注する
  5. 学習を続けて単価を上げていく

 

上記手順のより詳しい解説は、下記の記事でしていますのであわせてご覧ください!

>>Webライターで収入が2倍になった専門分野の作り方【簡単5ステップ】

【誰でもできる】Webライターの専門分野の作り方【収入が2倍になった】

続きを見る

 

その⑥:積極的に高単価案件に応募する

Webライターの収入アップに欠かせないのが、文字単価のアップです。

 

なので、積極的に文字単価2.0円以上の高単価案件に応募しましょう。

 

でもまだまだ実績やスキルが足りないし、絶対受注できない。

高単価案件に応募なんてまだ早いですよ。

 

そんな方でも、高単価案件に応募しましょう。

 

なぜなら、応募しないと可能性は完全に0だし、応募するからこそ「どうすれば受注できるか」と考え始めるからです。

 

たとえ受注できなかったとしても、その結果を受けて自然と反省と改善を無意識にするはずです。

 

その機会を作るためにも、高単価案件には積極的に応募しましょう。

 

たけし
Webライターのような個人事業では、消極的な姿勢は稼げない原因ですよ。

 

ちなみに高単価案件を受注するには「提案文(応募メール)」を充実させるのが欠かせません。下記の記事で書き方を解説しているので、応募する前に参考にしてください。

>>Webライターの提案文の書き方【受注率50%超えのテンプレート付】

Webライターの提案文の書き方【受注率50%超えテンプレート付】

続きを見る

 

その⑦:稼げない仕事を断るorしない

収入を上げるには、稼げない仕事は断るか、しないようにしましょう。

なぜなら、時間がもったいないからです。

 

でも、クライアントに申し訳ないし、稼げなくても収入にはなるし。

 

それでも収益にこだわるなら稼げない仕事を断って、空いた時間に稼げる仕事を入れるべきです。

稼いでいる人の誰もが意識していることです。

 

参考までに、Webライターが断るべき仕事の特徴を下記にまとめました。

  • 文字単価1.0円未満の案件(絶対にやめる)
  • 単価に対して作業量が多い案件
  • クライアントとの相性が悪い案件(修正が多すぎるなど)
  • 苦手なジャンルの案件
  • 文字数が少ない案件(2000文字未満)

 

参考にしてみてください。

 

その⑧:直接契約を取る

直接契約を取ると、収入が上がりやすくなります。

なぜなら、クラウドソーシングでの報酬手数料がかからなくなるからです。

 

Webライターデビューをするときは、クラウドソーシングサイトを使うのがオススメですが、実績がついてきたら直接契約に移るようにしましょう。

 

直接契約を取る方法には、次のようなものがあります。

  • Twiterで仕事を受注する
  • Wantedlyを使う
  • Webサイトに直接応募する
  • クラウドソーシングで知り合ったクライアントに直接営業する
  • オンライコミュニティーに入って仕事を得る

 

できそうなことから、やってみましょう!

 

その⑨:Webディレクターになる

Webディレクターになるのも収入アップに有効です。

Webディレクターとは、「記事の集客と販売を策定」したり、「ライターに指示」をしたりするポジションのことですね。

 

Webディレクターになると収入が上がる理由は、次の2点です。

  • 業務の幅が広がり報酬の底上げになるから(ライターへの指示、リライト、構成作り、タイトル付け、キーワード選定など)
  • SEOやメディア運営についての高度な知識が求められ単価が上がるから

 

たけし
僕もディレクターを任せられて、一気に報酬の底上げができました。

 

Webディレクターになるには、次の2ステップが必要です。

  1. SEOとメディア運営を学ぶ(キーワード選定や記事目的に決定、集客と販売導線の策定)
  2. クライアントにSEOとメディア運営ができることを伝えてディレクター職に就くことを打診する

 

でも、どうやってメディア運営とかSEOを勉強するんですか?

 

その方法は、次の2つです。
たけし

 

  1. SEOと収益化の勉強をしながら自分のブログを運営する
  2. ライターとして関わっているメディアが、「どのように集客して何を販売しているか」を分析する

 

ブログはメディアそのものなので、ブログで稼ぐことが最も手っ取り早いスキルの磨き方になります。

 

また関わっているメディアが「どのように読者を集め、何を売っているのか」をじっくり観察してみましょう。

 

すると「何のために記事を書くのかという目的」が見えてきて、ディレクターの視点を養えますよ。

 

その⑩:仕事を外注化する

仕事を外注化すると、人の力を借りれるので収入アップにつながります。

 

でも外注化ってどうしたらいいの?

 

僕は文字単価を3.0円以上にしたタイミングで、次のように外注化しました。
たけし
  1. 知り合いのライターに発注する
  2. Tiwtterで募集をかける

 

僕は運良く知り合いがいましたが、Twitterでも募集をかけて2名に仕事をお任せしました。

 

Twitterで、次のように呼びかけました。

 

すると10名ほどの反応があったので、そこから採用した感じですね。

 

クライアントには、「業務を効率化し、さらにクオリティの高い記事を納品するため、仕事の一部を他のライターに任せてもよろしいでしょうか?」と相談し承諾を得ています。(黙っててもバレないかもですが、不誠実)

 

外注化は、月50万円以上を超えるときに、かなり有効な手段ですよ。

 

僕がWebライターで月収80万円を達成した方法

ちなみに僕が、Webライターとして月80万円を稼ぐためにしたことは、次のことです。

  1. SEOライティングを学ぶ
  2. 高単価案件に積極的に応募する
  3. 専門ジャンルを作る
  4. クライアントと信頼関係を築く
  5. 嫌な仕事は断っていく
  6. Webディレクターになる
  7. 仕事を外注化する

 

以上の取り組みをすることで、次のように収入が上がっていきました。

 

僕が収入の各段階で、具体的にどのようなことをしたのかについては、すべて下記の記事にまとめていますので、気になる方はぜひご覧ください。

>>未経験Webライターが月収80万円を達成する方法【したことまとめ】

完全未経験のWebライターが月80万円稼ぐまでにしたことまとめ【1年3ヶ月の軌跡】

続きを見る

 

まとめ:悩むならWebライターに挑戦しよう!

Webライターは稼げる仕事です。(スキルと実績次第)

収入の相場は、次のようになります。

フリーランス/副業 収入(月収)
フリーランスWebライター 数千円〜100万円以上
副業Webライター 数千円〜50万円

 

そしてWebライターで収入を上げるには、次のような行動が欠かせません。

  1. Webライティングを磨く
  2. Webライターの仕事の時間を増やす
  3. ブログを書く
  4. Twitter運用をする
  5. 専門ジャンルを作る
  6. 積極的に高単価案件に応募する
  7. 稼げない仕事を断るorしない
  8. 直接契約を取る
  9. Webディレクターになる
  10. 仕事を外注化する

 

上記を参考にしていただければ、徐々に稼げるようになっていくでしょう。

 

ただWebライターは文章を書ければすぐに始められる仕事です。

なので稼げるか悩むより、実際に稼いでみるのが早いですね。

 

下記の記事を参考にしていただければ、まったくの未経験者でも2週間ほどでWebライターになれますよ。

>>>【副業OK】未経験からWebライターで月5万円稼ぐ方法【再現性高】

【副業OK】未経験からWebライターで月5万円稼ぐ方法【再現性高】

続きを見る

 

本記事を参考に、あなたがWebライターとしてご活躍されることを願ってます!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たけし

ブロガー|仮想通貨・NFT投資|最高月収160万円|大手生保→不安障害で休職→副業ブログ→Webライター月80万→ブログ月110万→コンテンツ販売売上250万|副業としての「ブログ・Webライター・仮想通貨」の稼ぎ方を発信|Twitterフォロワー12,000名|インスタでも発信中|27歳・高知在住

-Webライター

© 2022 TAKESHI BLOG Powered by AFFINGER5